健康メモ 【30代】に関するニュース拾い読み

紫外線対策(UV対策)ていうけれど・・・

紫外線対策(UV対策)が、なぜ必要か?
実はよくわかっていない私です。

そこでお勉強 □_ヾ(・_・ )カタカタ

まず紫外線とは?UVとは?

紫外線(しがいせん)は波長が10−400nm、すなわち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。

また、英語のUltravioletからUVと略される。

太陽の光の中には、UVA、UVB、UVCの波長の紫外線が含まれている

フムフム…。(゜_゜)(。_。)。で、健康への影響は?まずは皮膚編。

紫外線(UV)は、皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚の加齢を加速する。

UVAは危険性が一番小さいが、皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼす。UVBは、皮膚がんを引き起こす。

フムフム…。(゜_゜)(。_。)。で、紫外線(UV)への防御は?まずは自然編

紫外線照射に対する防御として、人間の体は茶色の色素のメラニンを分泌し、日焼けすることにより、紫外線の平均レベル(人種により異なる)を下げようとする。

フムフム…。(゜_゜)(。_。)。で、紫外線(UV)への防御、人工編。

この色素は紫外線の侵入を阻害し、より深い部分の皮膚組織へのダメージを減らす。
また、市販の日焼け止めローション、クリームも紫外線の侵入を防ぐ。
これらの製品では、「SPF値」「PA」と呼ばれる紫外線防御効果が記載されている。

SPF値はSun Protection Factorの略で主に日焼けの原因であるUVBの遮断率を表している。

SPF25の場合は、無対策の場合と比較して紫外線が1/25になり、SPF100は1/100になる。PAはProtection of UVAの略で、UVAの遮断に対する効果を表している。

PAは+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階で表記される。

PAがSPFと異なり、数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する良い分析法が存在しないためである。

フムフム…。(゜_゜)(。_。)。以上が皮膚の紫外線対策(UV対策)、次は目の紫外線対策(UV対策)。

強度の強いUVBは目に対して危険で、紫外眼炎(電気性眼炎)や、白内障、翼状片と瞼裂斑形成になる可能性がある。

保護メガネは、紫外線(特に短波長の紫外線)にさらされる環境で働く場合や、その様な環境にいる場合には有効である。

以上出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 「紫外線」の項目より

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A
posted by 30代 at 08:00 | TrackBack(0) | 健康メモ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。