テレビメモ 【30代】に関するニュース拾い読み

格差、本当の原因は?

最近何かと話題の格差の話。
もう毎日格差、格差とうるさいくらい報道されてますが、この手の格差の報道って何かが決定的に違うという感想を持ってました。

とにかく表面的なものばっかり追っているので何が本質なのかさっぱりわかりません。

格差が生じるのは二極化の進行です。
ではどうして二極化が進んでいくのか?
企業が取り込んで、正社員と派遣社員の待遇の差によって格差が出るのだ〜だけではねぇ〜、
それだったら企業間でどうして二極化が起こるのかがわからないじゃないですか。

私の仮説は
多分モノが一通り供給されたところで、消費の構造が決定的に変わってしまったのだと思う。

戦後直後の高度経済成長の時代には、いち早く市場に供給することが大事。
その製品そのものを買うということそれ自体に価値があって、
しかも買いたい人が行列を作っていた時代。
製品が不足状態なので、企業側が強かった時代。
だから人まねとそしられようと、まず製品を出して市場シェアを確保することが一番だった。
製品に差があることに意味なんてない時代だった。だから規模が生きる。
この形だと、2匹目のどじょう、3匹目のどじょうは確かに生存できる。

しかしひととおり供給された今現在では、それを買うこと自体にはまったく意味がない。
あえてそれを買う理由が必要。
この時点で前とは逆に売りたい人が列を作っている状態に変化したと思うのです。
製品が余っている状態なので、消費者側が強い。
あえてそれを買う理由が必要ということは、
何かその製品が特別の意味を持つ、つまり製品に差がある、あるいは希少価値があることが決定的に意味を持つことだと思うのですが、そんなものそうそうあるはずもなく、結局皆で同じことをやって、価格競争の道へまっしぐらに突き進むことになります。
この形だと、2匹目のどじょう、3匹目のどじょうが生存できる余地は少ないです。

今の説明は経済や経営の基本テキストに書かれているレベルの基本的なことですけど、どうしてこう解かないのか、不思議 (''?)

でもこれだと救いがないからか?
あるいは素人の妄想か?

ん〜、難しい・・・。

posted by 30代 at 16:00 | テレビメモ

「おふくろさん」騒動

誰が見たって森進一側の対応は最悪。

歌詩という作品に対して、了解もなく勝手に言葉を変えるなんて言語道断。
話にならないというか、フォローのしようがないというか・・・、ひどい。

自身の代表曲を提供していただいたお世話になった30近い年上の大御所の先生が、直接連絡してきたのだから、「『理由がわからない』から行かない」(下記の21日の記事参照)なんて言わずに自身が出向いてきちんと話をすれば、ここまでのトラブルにならなかったのに・・・。
(でも明確に著作権法違反じゃねぇのか?)

そして「先生があんなにご立腹とは知らなかった」(下記の22日の記事参照)という言葉がよく示していますが、怒っているから行くんじゃ〜、ん〜、どうして川内氏がここまで怒っているのか本当はわかっていないんじゃないのか、としかおもえません。

あと森進一さんには、こうしたことをきちんと進言する裏方さんはいないのだろうか?
だとしたら、これからも何回もこうしたことを起こしていくと思います。

苦労して這い上がった人だけに頑張ってほしいのですが・・・。
よき裏方さんに恵まれることを願います。


事の顛末

森進一 勝手に歌詞加えて作詞家激怒
きっかけは昨年大みそかのNHK紅白歌合戦。森が2年連続で歌った「おふくろさん」をビデオで見た川内氏は「ワシの作ったものじゃない」と絶句。歌い出しの前に、短い“語り”とメロディーが付け足されていた。

 「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした…」

 驚いた川内氏が、森サイドに問い合わせたところ、既に他界している作詞家の保富康午さんと作曲家の猪俣公章さんに作ってもらったと説明。しかし、川内氏には一言も説明がなかったため、事情説明の場を17日に設けた。それが当日になって「血圧が180以上あり行けなくなった」と一方的にキャンセルされ、一気に溝が深まった。

 川内氏は、スポニチ本紙の取材に「新たなアレンジは感動的でいい」と評価したものの「なぜ事前に知らせてくれなかったのか。いまだに会って説明しないのはおかしい」と道義的な部分で立腹していることを強調。ドタキャンされた際に電話で「もうオレの歌は歌わせない」と怒りを伝えると、森本人が「結構です」と言ったことを明かし「この歌は僕の生き方すべてを反映している大切な歌。人の恩を忘れた者にはふさわしくない」と思いを語った。

(略)

 川内 康範(かわうち・こうはん)1920年(大9)2月26日、北海道生まれ。41年、戯曲「蟹と詩人」、小説「おゆき」で作家デビュー。58年「月光仮面」がテレビなどで大ヒット。75年にテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」を監修。作詞家としても「君こそ我が命」「伊勢佐木町ブルース」「骨まで愛して」などヒット曲多数。

2月20日6時7分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000018-spn-ent

それに対して

森進一反発「ぼくのおふくろさん」
川内氏が歌唱禁止を伝えたことに「あの歌は“森進一のおふくろさん”」と反発。謝罪要求にも「理由が分からない」とし、現段階では自ら出向かないことを明言。

2月21日6時6分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070221-00000018-spn-ent

そして今日になって

森進一「激怒」見て直接謝罪へ
20日は川内氏が午後1時から、森は同3時から会見。しかし、森が川内氏の会見の模様をテレビで見たのは同日深夜だったといい、「先生があんなにご立腹とは知らなかった」と話した。川内氏の怒りを“目の当たり”にしてわずか1日で翻意したようだ。関係者によると、森は今月中にも楽曲を管理する出版担当者らと川内氏のもとに訪れたい意向だという。

2月22日6時7分配信 スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000019-spn-ent
posted by 30代 at 15:26 | テレビメモ

事件が起こると必ずでる「自浄能力」の話、しかしそれが働かないから事件になったのに

BPOの機能強化を検討へ=「あるある」問題で民放とNHK
2月27日20時31分配信 時事通信

関西テレビの情報番組「発掘!あるある大事典II」の捏造(ねつぞう)問題を受け、民放とNHKが設置した第三者機関である放送倫理・番組向上機構(BPO)の機能が強化される見通しであることが27日、分かった。
 同日の定例会見でテレビ朝日の君和田正夫社長は「(『あるある』問題では)放送界の対応が遅かった。自浄能力を高めることが極めて大事だと思う」と述べ、BPOの強化策を日本民間放送連盟(民放連)とNHKが検討に入ることを明らかにした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000164-jij-soci


「自浄能力を高めることが極めて大事だと思う」
反論の余地なしです。ぜひとも高めてください。
でもこの手の話で自浄能力が高まった例なんてなかなか聞く事ができません。

それはなぜなのか?
逆にそれが働いた場合はどういう場合なのか?
そこの話がなかなか出てこないけど、自説を一発。

そもそも自浄能力が働くためには、
「善悪・白黒をはっきりつけるときには、はっきりつける」文化が必要。
でもこれは日本人にはなじみにくい。すぐグレー部分を持ち出したり、極論に走ったりする。現実がグレーなんて当たり前で、それでも責任をもってはっきりさせることができないと
・前例にたよるか
・先送り、上送り等、みんなで決める=単純に無責任になるかのどちらかが多い。

仕組み、仕組みというけれど外部環境はどんどん変化するので、
環境適応も組み込んだシステムというのは、ひじょ〜に難しい。

例外はトップの決断、実際は独裁、ワンマン経営。
判断基準はトップの直感、動物的な勘、または顔色・・・。

これがいいほうにころぶとカリスマ、悪いほうに転ぶとただのワガママワンマンの最悪パターンになるが、うまくいくパターンはこれ以外にないのでは?

やっぱり最後は気合の入った人間がいるかどうかで決まると思う。

タグ:あるある
posted by 30代 at 00:52 | TrackBack(0) | テレビメモ

「心神喪失状態」かどうかを判断するための精神鑑定について、もう語られていいこと・・・

通り魔殺人などで裁判になると必ず争点になるのが「心神喪失状態」。

でもこれは先日、関西テレビのスーパーニュースアンカーという大阪ローカルのニュース番組で、コメンテーターの青山繁治氏がはっきいってましたが、弁護側と検察側の依頼する鑑定医が違うそうです。

もちろんお互い自分に有利な鑑定をしてくれる鑑定医を持っているということです。

心という目に見えないモノを扱う以上、治療ではなく裁判という場で鑑定を行うというのは限界があるのではないかと思っていましたが、これを見て「あ〜、やっぱりそうか」と納得しました。

性犯罪などの再犯者にたいする処置などの議論の時もそうですが、
そもそも本当のところこうした鑑定の精度はどの程度なのか?
犯罪者に対する更正教育なんて可能なのか?
議論の前提の部分の事実をきちんと公表しないといけないのでは?
その上での話でしょう?

それなしだから、議論ではなく単なる感情論になって話は永遠の平行線状態です。
もういいかげんしたら?と思います。


「心神喪失状態」と無罪主張=池袋通り魔事件で弁論−最高裁
3月1日15時32分配信 時事通信

 東京・池袋の繁華街で1999年9月、2人が死亡、6人が重軽傷を負った通り魔事件で、殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた造田博被告(31)の上告審弁論が1日、最高裁第1小法定(横尾和子裁判長)であり、弁護側は「被告は事件当時、心神喪失状態で、責任能力はなかった」として、無罪を主張した。
 弁護側は弁論で、「改めて被告の精神状態について鑑定すべきだ」と述べ、審理の差し戻しを求めた。検察側は「上告は速やかに棄却されるべきだ」とした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000093-jij-soci&kz=soci
posted by 30代 at 21:04 | TrackBack(0) | テレビメモ

記録的暖冬、降雪量不足から水不足の懸念も・・・もし猛暑が着たら、こわいよ〜

ふ、冬がないままに春に突入か!というくらい今年は温かい。
お昼のワイドショーで森進一が作詞家川内康範氏の青森の自宅に謝りにいったシーンがうすされていたのですが、雪景色なのがすごい不思議・・・(''?)

あ〜、寒いの結構好きなのに・・・、悲しいです!!。。。(ノ_・。)

ところで、下の記事の「降雪量不足から、水不足の懸念も一部で出始めている。」
懸念どころか実際にそうなると思っておいたほうがいいのでは?

水不足にならないケースとして考えられるのは
・梅雨に大量の雨が降る
・台風ががんがんくる
くらいしか思い浮かびません。

ん〜、天気頼みです。くわばらくわばら・・・。

梅雨の終わり頃に様子を見て、ペットボトルの水を買いこむか・・・。


真冬日ゼロ、水揚げ45倍…暖冬で各地に“異変”
3月1日18時3分配信 読売新聞

東北各地で真冬日ゼロの記録が更新され、早々と営業を終えたスキー場がある一方、少雪で観光客が増えたレジャー施設や春先がピークのカタクチイワシが平年の約45倍の水揚げを記録するなど今シーズンの記録的な暖冬は各地で“異変”をもたらした。降雪量不足から、水不足の懸念も一部で出始めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000307-yom-soci&kz=soci
タグ:水不足 暖冬
posted by 30代 at 22:23 | TrackBack(0) | テレビメモ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。