首が痛い・・・ねじれた姿勢が原因とはわかっているのですが・・・ 【30代】に関するニュース拾い読み

首が痛い・・・ねじれた姿勢が原因とはわかっているのですが・・・

よく首が痛くなります。
原因はわかっているのです。

私のこのパソコンを打っている机とこの部屋のテレビの位置関係が直角よりさらに後ろなのです。

こうやって一人キーボードを打っている時に、
音がないとさみしいのでテレビをつけっぱなしにしているのですが、
気になる情報が出てくると、どうしても見てしまいます。
そうすると体を、ぐぐぐ〜と捻ることになります。

全身でうまく捻ればいいのですが、
首だけで捻って、じぃ〜と見てると、ふとした拍子に

ぎゃ〜( ̄□ ̄;)!!

と声を上げることになってしまいます。

わかっちゃいるけど止められません。あ〜 _| ̄|○


でです。
対策です。

テレビを見るのが止められないのなら、痛くなったあとの対処法で対抗です (゚゚;)
題して「すぐに治せば、痛みなんてないのと同じ作戦」(゚゚;)
なんと自己満足な作戦なんでしょう (゚゚;)

メソッド的には操体法を使ってます。

楽なほうに動かしながら調整するやり方です。

いわゆる本格的な整体をやっている先生からは、なぜかバカにされているやり方ですが
効きます。

(どうしても、難しいやり方のほうがありがたく感じるようです。)

首を左右に動かして楽なほうを感じます。
首を楽なほうにゆっくり動かしていき、おでこあたりで手で首が動いてくるのを少し押さえて
パッ!とはなします
もう一度、首を左右に動かして確認します。

こんな感じです。
ん〜、文字では難しい〜〜〜

タグ: 痛い 操体法
posted by 30代 at 18:46 | TrackBack(0) | 健康メモ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。