赤ちゃんが欲しい・・・不妊治療の前にしておくべきこととは? 【30代】に関するニュース拾い読み

赤ちゃんが欲しい・・・不妊治療の前にしておくべきこととは?

私、実は大病しました。
西洋医学だけでは、悪くなった時は何とかやりすごせても、それを維持することができませんでした。

そこで、インターネットで検索したとある講習会に出席したときのこと、講師の先生の整体指導が受けられるとのことで、受けました。

そうすると、あ〜ら不思議、随分と体調がよくなりました。
それも本人よりも周りの人が「あれどうしたん?えらい顔色いいやん?」ということで
ホクホクでした。

その先生は横浜が本拠なので、関西在住の私は日常的に通うことができません。
そこで、ある検索キーワードを教えてもらい、その中で先生を選ぶように!との指示がでて、
出会ったのが現在の先生です。

その先生とのある日の会話。
なぜか不妊治療の話になって、(多分ハイヒールのリンゴが不妊治療でしばらく仕事を休むという新聞記事の話から発展したと思うけど・・・。)


「不妊治療の前に体をととのえないと。

 受精卵というのは数ミリのもの、それが約10ヶ月で50センチ、3000グラムになるんだよ。その爆発的なエネルギーがどれだけすごいかということをわかってないんだな。

そして、それを支えるのが母体なんだよ。もぅといえば子宮の環境。

今の女の人は体質が悪い。特に低体温、いわゆる冷え性は致命的。
なんぼ受精卵を人工的にいれても母体の側にその着床を維持して育てる力がたりない。
人工授精や薬によるホルモンだけではここの部分はどうしようもない。
それで輪になってみんなで話し合いしてカウンセリング、って、それだけでは限度あるよね。

もっと運動療法を体系的に行って、体質改善をするということをしないと・・・。

その上で不妊治療を行えば、成果はきっとでるはず。」とのことでした。

さすが我が師匠であります。
でも表に出ないこと誇りにしているところが、少し考えさせられますが・・・``r(^^;)
posted by 30代 at 18:48 | TrackBack(0) | 出産・育児メモ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。