脳ドック、真実の恐さ 【30代】に関するニュース拾い読み

脳ドック、真実の恐さ

最近の脳ブームを反映してか、ゲームだけにあきたらず、本格的な脳ドックの検診を受けようという人が増えてきているそうです。

私などはさすがに脳ドックまではと思うのですが、妹がなんとその脳ドックの検診を受けてきたとのこと。

脳ドック当日の問診、テスト、画像検診等々のメニューをこなして、後日その脳ドックの検診機関送られてきた結果を見ると、
「MRIに影があります。精密検査をおすすめします」とのこと。

「ぎゃ〜」ということになり、私のところにそうした相談に応じてくれる病院はどこがいいか、パソコンで検索してほしいとの依頼が・・・。

まずは脳ドックからの検診結果と画像検査のフィルムを借りて持って行って、近所の大学病院で検査、そこで悪かったらセカンドオピニオンということで本格的な検査を受けたらいいとアドバイス。

妹はそのとおりしたようで、脳ドックからの検診結果と脳ドックから借りた画像検査のフィルムを持って、近所の大学病院を受診。それだけでは、はっきりしたことはいえないということで、その大学病院で画像検査。


で、運命の結果の日。

結果を聞きに行っている間、姪を見てほしいということで、母が妹の家に行き幼稚園に姪を迎えお留守番。姪も母親の緊張が伝わったのか「ままちゃん、まだかなぁ〜」と普段食べるおやつも食べるおやつも食べず待っていたとのこと。

で病院から帰ってきた妹の話した衝撃の検査結果は・・・、

「脳が頭蓋骨に比して少し小さいので、ちょうどその隙間が画像検査の写すタイミングで影になったと思われます。異常ではありません。安心してください。」とのこと。

そう本当の意味で彼女は「脳たりん」だったのだ・・・というすげいおちでした。

脳ドック、そこは思わぬことを教えてくれる場所であつた。

それでもあなたは脳ドックに行きますか?・・・なんちゃって(^。^;)!
タグ:脳ドック
posted by 30代 at 16:18 | 健康メモ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。