湯川秀樹博士の伝記 【30代】に関するニュース拾い読み

湯川秀樹博士の伝記

小学校低学年の頃、近所の本屋さんから毎月1冊ずつ子供伝記全集を親が買ってくれました。
その伝記全集のうち、一番惹かれたのが湯川秀樹博士の伝記でした。

申すまでもなく、日本人として初めてのノーベル賞を受賞した物理学者です。

原子核を構成する陽子と中性子を結びつける核力を媒介する中間子理論の功績によるそうですが、本当のところは私にはよく理解できていません。

このニュースは、敗戦・占領下の自信を失っていた国民に大きな力を与えたとされ、ものすごいフィーバーを巻き起こしたそうです。

研究に行き詰まった彼が、ふと子供の頃のこもれびのきらきらした風景を思い出し、その光景から中間子理論につながっていくところの記述が好きでその部分を何回も読み返していました。

私の記憶では、ノーベル賞の受賞のところで終わっていたのですが、その後の平和活動などの人生のほうが時間的には長かったことに気付いたのは、ずっと後でした。

でも私は彼の輝きは、中間子理論を生み出したその瞬間にあったと思います。
そうした瞬間を持った人は幸せだと思います。

年譜
1907年( 0歳) - 東京麻布に小川琢治・小雪夫妻の三男として生まれる
1908年( 1歳) - 父小川琢治の京都帝国大学教授就任に伴い、一家で京都に移住
1919年(12歳) - 京極尋常小学校卒業
1923年(16歳) - 京都府立第一中学校卒業
1926年(19歳) - 第三高等学校卒業
1929年(22歳) - 京都帝国大学理学部卒業。同大学玉城嘉十郎研究室の副手となる
1932年(25歳) - 湯川家の婿養子となり、小川姓から湯川姓となる。京都帝国大学講師
1933年(26歳) - 大阪帝国大学講師兼担
1935年(28歳) - 論文:「素粒子の相互作用について」で中間子理論を発表
1936年(29歳) - 大阪帝国大学助教授
1939年(32歳) - 玉城嘉十郎の急逝に伴い、その跡を継いで京都帝国大学教授に就任
1940年(33歳) - 学士院賞受賞
1943年(36歳) - 史上最年少で文化勲章受章
1948年(41歳) - プリンストン高等学術研究所客員教授
1949年(42歳) - ノーベル物理学賞受賞。コロンビア大学客員教授
1953年(46歳) - 京都大学基礎物理学研究所初代所長
1955年(48歳) - 世界平和アピール七人委員会の結成に参加、委員となる
1962年(55歳) - 第1回科学者京都会議を開催
1970年(63歳) - 京都大学退官、京都大学名誉教授
1981年(74歳) - 逝去

年譜出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』湯川秀樹より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E7%A7%80%E6%A8%B9


湯川秀樹湯川秀樹
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 湯川秀樹
[著者] 二反長 半
[種類] 新書
[発売日] 1994-03
[出版社] ポプラ社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 30代 at 21:21 | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。